So-net無料ブログ作成
検索選択
戦争・紛争 ブログトップ
前の10件 | -

スーダン政府、ダルフールから外国NGOを追放 [戦争・紛争]



スーダン政府は、外国NGOがICCと共謀していると非難しており、今後「証拠に基づいて」他の団体も追放する可能性を示唆している。(c)AFP

タグ:スーダン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

掃討作戦が激減、「退屈」が新たな敵 イラク駐留米軍 [戦争・紛争]



■「銃を使ったことはほとんどない」  2003年3月のイラク進攻以来、米軍には4250人の犠牲者が出ているが、ここ最近は全土で暴力が収束しつつあり、この数か月間はキャンプへの攻撃は起きていない。20歳のある兵士は「ここに来て4か月だけど、銃を使ったことはほとんどない」と語る。  今年1月1日、バグダッド中心部の米軍管轄区域グリーンゾーン(Green Zone)の治安権限がイラク政府に移譲され、イラクの主権の完全回復に向けた歩みが始まった。だが前年11月のイラク政府との安全保障協定に基づき、米軍の戦闘部隊は2011年末まではイラクに駐留する。 ■イラク人と交流しない米兵  再び、キャンプリバティー。イラク南部に駐留する3人の従軍牧師が若い護衛らに、古代ウル王朝のジッグラト(ピラミッド型神殿)や預言者アブラハムの生誕地の写真を見せている。文官向けにイラク国内の歴史遺産を訪問するツアーが実施されているのだ。  一方、イラク軍と活動してきた兵たん担当のエドワード・ドーマン(Edward Dorman)大佐は、「米国とイラクは、文化の違いを克服する努力をしなければならない」と説く。だが、共同の任務やイラク人通訳とのやりとりをのぞいては、米兵14万6000人は、キャンプの外側にいるイラク人とはほとんど接することはない。(c)AFP/Haro Chakmakjian

前の10件 | - 戦争・紛争 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。