So-net無料ブログ作成
検索選択

【アルピノ問題】文化と教育 アフリカ社会の抱える闇 [地域]

アフリカ  人間の心に潜む闇・・・赤ちゃん売買、呪術用にアルピノ殺害

ナイジェリア・東アフリカ・ブルンジ・タンザニアと、列挙していくとアルピノ殺人はどこまでも続いていることがよくわかる。

アルビノは呪われていると殺害
タグ:アルピノ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

イゾンツォ川 (ソチャ川) [地域]

イゾンツォ川
イタリアに好奇心というサイトの中の
『歴史はわれわれ自身だ』でも本の中身の中で単語として出て来るように、イタリアという地の歴史には深くかかわっている川
452年ごろのPiran(ピラン)の町の起源神話にも登場している。
>Piran ピラン (1)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

延長 140 km
水源の標高 1,100 m
平均流量 -- m³/s
流域面積 3,400 km²
水源 トリグラウ山
河口 アドリア海
流域 イタリア、スロベニア

イゾンツォ川(Isonzo)、スロベニア語ではソチャ川(Soča)はスロヴェニア西部とイタリア東北部を流れる川である。 ジューリア・アルプスのトレンタ渓谷にあるトリグラウ山(2864m)の西側1,100mの高さから流れ出ている。 川の長さは140kmでボヴェツ(伊語:プレッツォ)、コバリード(伊語:カポレット)、ノヴァ・ゴリツァなどを流れる。 イタリア領に入ると、モンファルコーネ付近のアドリア海に流れ出る

その水の色から「エメラルドの美しさ」とよばれることもある。

イゾンツォ渓谷は、第一次世界大戦中の1915年から1917年に、イタリア戦線において軍事大作戦の舞台となった。イゾンツォ戦線は数度にわたる会戦の後、1917年10月のカポレットの戦いでドイツ軍の援助を受けたオーストリア・ハンガリー側がイゾンツォ川流域を完全に占領した。イタリアがこの地域を奪回するのは、オーストリア・ハンガリーが連合国に降伏した後の事である。この戦いで100万人以上のイタリア軍とオーストリア・ハンガリー軍兵士が会戦で死んだ。この戦いはアーネスト・ヘミングウェイの小説武器よさらばの舞台にもなっている。スロベニアのコバリードにはこの戦いとヘミングウェイを展示のテーマとした博物館がある。

イゾンツォのマス(Salmo trutta marmoratus)は有名で大理石の鱒ともよばれて、水流の上層部にいる。 アドリア海の河川固有の種であるが、二回の世界大戦の間に土着でないマスが流入したせいで今は危機に瀕している。

イタリア現代詩選集(7)川の詩ふたつでも紹介されているが、広大で雄大でもあり、さまざまな歴史・物語の舞台ともなっているようだ。
1797年―イタリア戦線の”フリウル戦役”にも登場する。
「ナルニア国ものがたり」
ロケ地にもなった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。