So-net無料ブログ作成

第一次イゾンツォの戦い [歴史]

第一次イゾンツォの戦い
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第一次イゾンツォの戦い(だいいちじイゾンツォのたたかい)とは、第一次世界大戦中のイタリア戦線で、1915年6月23日から7月7日にかけて、イタリアとオーストリア・ハンガリー帝国の間で戦われた会戦のこと。

概要

攻勢をかけたイタリア軍の狙いは、オーストリア軍をイゾンツォ川およびその周囲の山間部に設けられた防御拠点から撤退させることだった。イタリア軍は数的には2対1の優勢を誇っていたものの、オーストリア軍が戦闘に有利な高所に陣取っていたこと、不十分な砲兵の支援射撃の後で攻撃を開始したことからオーストリア軍陣地前縁の鉄条網で攻撃を食い止められ、攻撃は失敗した。 7月初頭、オーストリア軍司令官スヴェトザル・ボロイェヴィッチは2個師団の増援を得て、オーストリア軍の防衛線を突破しようとするイタリア軍の試みを阻止した。

イタリア軍が最終的に得た戦果は僅かであった。すなわち、イゾンツォ川を越えたトルミーノ付近の橋頭堡と、プレッツオ近郊の高地のみであった。


戦争:第一次世界大戦
年月日:1915年6月23日-7月7日
場所:イタリア北東部のイゾンツォ川付近
結果:オーストリア・ハンガリー軍の勝利
交戦勢力
オーストリア・ハンガリー帝国 イタリア王国
指揮官
スヴェトザル・ボロイェヴィッチ、
ゲーザ中将、
ルカツィッヒ・フォン・ゾモローヤ、
ノヴァック・フォン・アリエンティ中将 ルイージ・カドルナ、
エマヌエーレ・フィリベルト、

フルゴーニ大将
戦力
115,000人(8個師団、84個大隊、13個騎兵大隊、火砲356門) 225,000人(18個師団、252個大隊、111個騎兵大隊、火砲700門)
損害
戦死傷者10,000人 戦死傷者16,000人
まず気になるのは、イゾンツォ川とは何か、ということだろう。
イゾンツォ川についてはこちらでまとめてみた。

イゾンツォの戦い [歴史]

日本の歴史の授業の中ではほぼ詳しく語られることのないことというのは沢山あって、「イゾンツォの戦い」なんていう言葉も、事実も私は最近まで意識の片隅にもなかった。
「イゾンツォの戦い」とは、第一次世界大戦中のイタリア戦線で、1915年6月23日から7月7日にかけて、イタリアとオーストリア・ハンガリー帝国の間で戦われた第一次イゾンツォの戦いから二年以上も続く長い長い戦いで、3週間の戦闘で90,000人もの将兵が戦死した第二次イゾンツォの戦いなど、凄惨な戦いであったことが伺える。

* 第一次イゾンツォの戦い - 1915年6月23日 - 7月7日
* 第二次イゾンツォの戦い - 1915年7月18日 - 8月3日
* 第三次イゾンツォの戦い - 1915年10月18日 - 11月3日
* 第五次イゾンツォの戦い - 1916年3月9日 - 3月17日
* 第六次イゾンツォの戦い - 1916年8月6日 - 8月17日
* 第七次イゾンツォの戦い - 1916年9月14日 - 9月17日
* 第八次イゾンツォの戦い - 1916年10月10日 - 10月12日
* 第九次イゾンツォの戦い - 1916年11月1日 - 11月4日
* 第十次イゾンツォの戦い - 1917年3月12日 - 6月8日
* 第十一次イゾンツォの戦い - 1917年8月19日 - 9月12日
* カポレットの戦い - 1917年10月24日 - 11月9日、第一二次イゾンツォの戦いとも
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。