So-net無料ブログ作成
検索選択

【Yahoo!・Googleも】 インターネットも不況? 【検索サイトの動向】 [IT]

米ヤフーが組織改編、CMOを新設 現CFOは退任へ




グーグル、米国版グーグルニュースで広告掲載始める



機雷 [雑記]

機雷を避け続けるゲームrotaZionというのがあったので、機雷について調べてみた。

機雷というと真っ先に思いつくのは、国際貢献の問題と絡んでいることからも自衛隊の掃海作戦などだけれど、ここではその賛否については触れないでおく。


機雷との戦い海上自衛隊と掃海任務(1)
自衛隊による国際貢献の扉を最初に開いたのは、一九九一年にペルシャ湾に派遣された海上自衛隊の掃海部隊だった。機雷を除去して航路の安全を確保する掃海は、海洋国・日本にとって極めて重要な任務だ。海上自衛隊が現在の高い掃海技術を備えるまでには、さまざまなドラマがあった。 (早川俊行、写真も)
戦後も大量の機雷は日本を悩ませた。日本が防備用に敷設したものを合わせると、残存機雷は約六万五千個。寿命が尽きるまで、強力な破壊力は失われることがない。航路が機雷に封鎖された状況は、戦後復興を図る日本にとって致命的だった。

まあいろいろあるけど 誰かがやらないとなんだよね。 誰か、を選ぶのも重要だけどさ。

海の向こうは経済政策ゲーム。「Trillion Dollar Bailout」 - 日本では「G7のモウロウ会見がゲーム」 [ニュース]

経済政策ゲーム:Trillion Dollar Bailout
海の向こうでは今後の政権にたいする期待と、先行きに対しての不安を象徴するようなゲームが発表されているかと思いきや、日本ではあの会見のゲームがニュースになっている。



日本もブラックユーモアーがわかる国?それとも… G7のモウロウ会見がゲームで遊べるぞ~
日本人以外の人 興味示すのでしょうか?

〇〇とか△△の方が笑いながらやっていたら ちょっとやはり気分がよくないのは
私のフトコロが狭いせいなのかもしれません[ふらふら]

アメリカとかイギリスで 政治家を揶揄する人形劇とかあるけど
ちょっと違う気がする(政治家として ご本人は信念をもって行ったことでしょうから)
こっちの方が 恥ずかしいでしょう[あせあせ(飛び散る汗)]

中川氏も名誉毀損で訴えることもないでしょうけど
福田さんの 「あなたとは 違うんです」Tシャツは受け入れられるんですが…

修行が足りないようです[失恋]




懐が狭いのではなくてある意味当然だと思います。
日本人には日本人なりの文化や感じ方があって当然ですしね。

ブラックユーモアが"正しい"わけでもないしわかることが”かっこいい”わけでもなく
わかる人とわからない人がいる という事実だけの認識で十分だと思いますが、こういうゲームが出てきたということそのものを、どう認識するかで右へ習えにならなければいいなと。

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「Project Green」について。 [FlashGame]

「Project Green」というゲームの紹介なのだけれど、いざ検索してみると予想通り関連記事が出てこない。
健康・環境・CDの名前などなどが続く。
google検索結果「Project Green」(別窓)

ラジオの思い出 - 「Guns N' Roses」 [雑記]

Paradise City
あなたの家にもありませんか?

見れなくなってしまったもの。。。

聴けなくなってしまったもの。。。

そんな時代の流れに取り残されたもの達を紹介するコーナーです




懐かしい「Guns N' Roses」
受験勉強中に深夜のラジオで聞こえてきていたメロディとバンド名。目にするとふと思い出す。
「ガンズンロウ」と聞こえていて、スペルも思い浮かばなかった時代が懐かしい。

「いじめ」の定義ってどうなってるの? [雑記]

http://d.hatena.ne.jp/naok1991/20090211/1234286600

いわれなき暴力(外傷を伴う伴わないは別の問題として言葉の上でのものも含みます。)
であるからこそ「虐め」であるとまず定義されてるわけではないならば、元々の虐め本来の問題点が隠されてしまうような。

【日本語は滅ぼすべき。(なるべく計画的に)】 [雑記]

面白そうな記事だったけど全部読もうとするとパンクしそうなので少し流し読みになってしまった。
http://d.hatena.ne.jp/filinion/20090214/1234584728

ただ次のエントリー>http://d.hatena.ne.jp/filinion/20080831/1220180568
も合わせて読むなら、この方の真意も理解できる気がする。

少なくとも言語とは移り変わり行くもので、なおかつコミュニケーションの取り方として普遍的なものなどないのだということを合わせて言いたいだけの記事なのであろう。

この方の匂わせている立場や言葉遣い触れている話題の中で語られている単語を切りおとして、「言いたいこと」だけを抽出して読み取らないと、先に立場や社会的影響を懸念して攻撃したくなるのもわからなくはないけれど。
そういう意味においても後日まとめなおしてみよう。

ログの保管です。


タグ:文化 日本語
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。