So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュース - ニコニコ動画、単月黒字化は2009年6月--夏野氏は取締役エヴァンジェリストに就任へ [ニュース]

ニコニコ動画、単月黒字化は2009年6月--夏野氏は取締役エヴァンジェリストに就任へ
「ドワンゴは11月14日、子会社のニワンゴと共同で運営している動画コミュニティサービス「ニコニコ動画」について、2009年6月に単月黒字化する計画であることを明らかにした。同時に、現在顧問を務める夏野剛氏が取締役に就任し、「エヴァンジェリスト」という肩書きで活動する予定であるとした。 」

先日記事にした「Googleの戦略 - YouTubeでの長編コンテンツ配信」で、YouTubeを通じてGoogleが戦略を本格化させていく中にあって同じ動画コンテンツという視点で言うなら、ニコニコ動画がどのような戦略をとっていくのか、何を戦略の基準とすえるのかで今後の動向に大きくかかわってきそうだ。
実際のところ、シェアを分するというような”棲み分け”ではなく、どちらにもアカウントを持ってそれぞれの用途に応じてという使い方が日本人のユーザーには多い気はするが、ニコニコ動画が有料コンテンツ色を強めていくなら、YouTubeとのコンテンツ的な差分化は最大限に見据えていく必要があるだろう。
実際には配信されている動画は英語がおおいYouTubeとほぼ完全日本語なニコニコだと日本人ユーザーにとってのユーザビリティは格段の違いはあるのだが、かえって逆に低年齢化が進んだり、あまりにも人口密度が高すぎるゆえの不具合もあるように思う。
また、ネタ的コンテンツが多い為、恒久的な価値あるものを生み出さないと、生産コストが常にかかることもあり将来的な黒字を続けていくことは難しいようにも思う。
動画の技術自体は先駆者的なものではないという弱みもそこには存在するし、あくまでユーザー主体コンテンツの色合いが強いだけに、有料コンテンツの部分をどう表に出してくるのか、興味津々、といったところだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。