So-net無料ブログ作成
検索選択

保有書籍紹介 - 「国際シンポジウム 古代日本の国際化―邪馬台国から統一国家へ」:朝日新聞社 [書籍紹介]

そこまで読みやすい本という印象もないけれど、多角的な視点から物事を捉えなおすには良い本だろう。

新書と古書は、新しいものほど新しい情報が詰め込まれているのは当たり前だろうけれど、
時代をさかのぼって物事の評価される視点を見つめなおすのはいつの時代でも必要なことではないだろうか。


近代化社会においても国際化が叫ばれているが、そんななか、日本の生い立ちを学び、興味を持っていくことは大切かな?と学生時代に購入した本。
国際シンポジウム 古代日本の国際化―邪馬台国から統一国家へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。